世界ダウン症の日写真展 3月17日から梅田で


 国連の国際デーに、今年正式に認定された「世界ダウン症の日(3月21日)」。『世界ダウン症の日写真展 in 大阪』が、3月17日(土)から25日(日)まで、梅田スカイビル「空中庭園展望台ギャラリー」で開催されます。20日(祝)午後1時30分からはミニコンサートも。ヘルマンハープの「アルペジオ・ジャパン」と「キンキ雑楽団」が出演します。観覧は無料ですが、空中庭園展望台への入場料金が必要です。【→詳細は本文】

 

 3月21日は「世界ダウン症の日」。世界ダウン症連合(Down Syndrome International 、DSI) によって制定されました。
 
 「bochi bochiの会」主催のダウン症児の写真展に応募した写真と、JDS大阪支部が今回の展示に合わせて募集するダウン症児者の写真、あわせて約80点を展示します。
 色彩豊かなさをり織りとともにディスプレイされます。ダウン症の理解を深めるための展示も行われます。

 また、20日(祝)にはダウン症者のヘルマンハープグループ「アルペジオ・ジャパン」と「キンキ雑楽団」のミニコンサートも行われます。
 
 観覧は無料ですが、空中庭園展望台への入場料金が必要です。大人700円(障がい者400円)、中高生500円(同200円)、小学生300円(同100円)、3歳以上の幼児100円(同無料)。


《世界ダウン症の日 写真展in大阪》
●日時=2012年3月17日(土)~25日(日)10:00~18:00(最終日は16:00まで)▽ミニコンサート 3月20日(祝)13:30~。
●場所=梅田スカイビル、40階「空中庭園展望台ギャラリー」(大阪市北区大淀中1-1-88、http://www.skybldg.co.jp/skybldg/
)
[地図]
●アクセス=JR「大阪」、地下鉄・阪神・阪急「梅田」下車徒歩約10分。

●主催=JDS日本ダウン症協会 大阪支部
●特別協力=空中庭園展望台
●協力=bochi-bochiの会、NPO法人さをりひろば。

●後援=大阪府、大阪市、堺市、大阪府教育委員会、大阪市教育委員会、堺市教育委員会、日本ダウン症協会和歌山支部・奈良支部・奈良北支部、大阪ダウン症親の連絡会、近畿手をつなぐ育成会連絡協議会、大阪府社会福祉協議会、大阪市社会福祉協議会、NPO法人トゥギャザー、子供の城協会、NPO法人トイボックス、日本ヘルマンハープ協会 ほか
●入場料金=観覧は無料ですが、空中庭園展望台への入場料金が必要です。大人700円(障がい者400円)、中高生500円(同200円)、小学生300円(同100円)、3歳以上の幼児100円(同無料)。
●問い合わせ先=(財)日本ダウン症協会 大阪支部事務局 大阪市住之江区粉浜3-7-7、電話090-8129-1201、メールjds.osk@gmail.com

【関連記事】「世界ダウン症の日」 国連の国際デーに決まるhttp://www.ds-news.jp/p/contentsview.php?content_id=0000001676